TOPページ >> インプラントをお考えの方へ

インプラント治療のススメ

「インプラント治療」とは、失った歯を補うための治療法の一つで、顎の骨に人工の歯根(インプラント)を埋めて固定し、人工歯を取りつける方法です。失った歯を補う方法としては入れ歯やブリッジがポピュラーですが、これらはズレたり周りの歯にダメージを与えたりといったデメリットがあります。インプラント治療は、こうしたデメリットがなく、しっかり固定できることが特長です。

インプラント治療で埋め込む人工歯根は、骨と結合する性質を持ったチタン製。そのため、本物の歯と同じように骨に固定されるのです。また、人工歯根の上からはセラミック製の人工歯を装着するため、見た目も本物の歯と見分けがつきません。しっかり噛める、本物の歯とほとんど変わらない歯が手に入る治療――それがインプラント治療です。

インプラント治療と他の治療法との違い

インプラント治療
メリット デメリット
・自然で美しい見た目になる
・本物の歯と同等の噛み心地が得られる
・適切なメインテナンスで長期間使える
・周りの歯にダメージを与えない
・顎の骨がやせない
・費用が高額になる
・外科手術が必要
・治療期間が長い
入れ歯
メリット デメリット
・治療期間が短い
・すぐに一定の機能を取り戻せる
・保険適用の入れ歯は費用が安い
・目立ってしまうことがある
・ズレたり外れたりすることがある
・食べかすなどが詰まりやすい
・長期間使用すると顎の骨がやせる
ブリッジ治療
メリット デメリット
・ズレにくく、しっかり噛める
・噛み合わせを整えられる
・健康な歯を削る必要がある
・周りの歯に負担がかかる
・長期間使用すると顎の骨がやせる

 

10DRインプラントシステムによるインプラント治療

10DRインプラントシステムはCTを撮影させていただいた後にコンピュータの解析により、複雑な顎の骨の3次元的イメージをご覧いただいたり、骨の密度を算出して適切なインプラントの埋め込み位置や角度をシミュレーションしてご説明を差し上げることができます。
カルナデンタルクリニックでは患者様に心より安心してインプラント治療を受けていただくため
CTの撮影をご依頼しております。

※患者様には、CT連携病院(大垣徳州会)でCT撮影をしていただきます。

 

インプラントオーバーデンチャーとは

特殊なアタッチメントのを顎の骨に埋め込み、それを固定源として総入れ歯を取りつける方法です。
すべての歯をインプラントにするのは金銭的にも身体的にも大きな負担がかかり、歯茎切開を行うので体への負担も大きいというデメリットがありますが、インプラントオーバーデンチャーなら、どちらの負担も最小限に抑えながらしっかり噛める歯が手に入ります。

マグネットアタッチメントタイプの治療とは

カルナデンタルクリニックではマグネットアタッチメントタイプのインプラントオーバーデンチャーを行っています。
マグネットアタッチメントタイプではマグネットを使用することで着脱によるインプラント支台への負担を軽減でき、 コスト・費用に関しても既存の入れ歯を使用することができるので安くおさえることができます。



インプラントオーバーデンチャー(マグネットアタッチメントタイプ)の利点

治療期間が短いため、体への負担が最小限に抑えられます

インプラントの治療期間が約3~4ヶ月であるのに対してインプラントオーバーデンチャーは約2ヶ月弱の期間で治療を行うことが可能です。

治療費が安くすみます

インプラントのように1本ずつ手術を行う必要はないので当然治療費も安く抑えることができます。

取り外しや交換が容易にできる

固定式のインプラントと異なり、取り外しを行うことができます。また修理などの調整も行うことも可能です。

ブリッジ式と比較したメリット

ブリッジ治療では健康な両隣りの歯を削ってしまうばかりか、長期間ブリッジを行うことで両隣りの歯が痛み、 最終的にグラグラになってしまうケースもあります。
インプラントオーバーデンチャーであれば両隣りの歯を痛めることなく長い期間安心して使用することが可能です。

インプラントオーバーデンチャーが必要なケース

  • 顎の骨が吸収されて発音に問題がある場合
  • 一般的な入れ歯では固定できない状況である場合
  • 現状の入れ歯では見た目に問題がある場合
  • 現状の入れ歯がズレて合わなくなっている場合
  • お口の中の衛生管理がしづらい状況である場合
  • 経済的理由からインプラント治療が難しい場合 など

Q&A

インプラント治療は誰でも受けられますか?
顎の成長が完了している成人の方であれば基本的には誰でも受けられますが、条件によっては安全性を考えて治療を避けたほうがいい場合もあります。下記のような場合は、ご相談ください。

Q&A

  • 妊娠中の場合
  • 全身疾患がある場合
  • 喫煙している場合
  • 歯周病にかかっている場合
  • 骨の量が少ない場合 ...など
治療は痛みますか? また、どれくらい長持ちしますか?
治療前には必ず麻酔を行いますので、治療時に痛むことはありません。麻酔が切れると痛むことがありますが、鎮痛剤を出しますので特に日常生活への支障は出ません。ご安心ください。

また、インプラントは適切なケアをしっかり継続していれば20年以上経過しても使い続けることが可能です。ただし、ケアを怠ると短期間で抜け落ちることもありますので、日頃のブラッシングや歯科医院での定期的な検査は必ず続けましょう。
インプラント治療はどんな人に合っていますか?
歯を失ってしまった成人の方であれば誰でも問題なく取りつけることができますが、特におすすめしているのは、下記のようなお悩みをお持ちの方です。

Q&A

  • 入れ歯を何度も作り直している
  • 入れ歯のバネが気になる
  • 健康な歯を削るブリッジに抵抗を感じる ...など

歯を失ったあとの見た目や機能にお悩みなら、ぜひ当院にご相談ください。

価格表

手術費用(インプラント本体)

250,000円~(1本あたり)

上部構造(歯の部分)

100,000円~(1本あたり)

特殊な追加手術

52,500円(税込み)

GBR(骨を再生する治療)

52,500円(税込み)

インプラント治療を受けてしっかり噛めるようになっても、メインテナンスが行き届いていなければ、せっかくのインプラントを失ってしまうこともあります。治療後が本番だと考えて、メインテナンスはしっかり受けましょう。
メインテナンスの重要性

インプラント本体の保証
手術後から インプラント本体
5年以内 100% 医院負担
5~7年 70% 医院負担
7~9年 40% 医院負担
10年以上 100% 患者様負担とさせて頂きます
かぶせものの保証
使用開始から 5年保証
1年以内 100% 医院負担
1年~2年 80% 医院負担
2年~3年 60% 医院負担
3年~5年 40% 医院負担
5年以上 100% 患者様負担とさせて頂きます
保証のための条件

必ず最低でも4ヶ月~半年に1回のメンテナンスにご来院下さい。
メンテナンスに応じていただけなかった期間がありますと、保証いたしかねますので予めご了承下さい。

インプラント治療の流れ

1.初診・カウンセリング

ご来院いただいて治療に関するご要望をヒアリングするほか、治療の概要などをご説明します。

2.検査(レントゲン撮影・模型製作・CT撮影):初診の翌日

インプラント治療に必要なデータを得るために、レントゲン撮影や模型製作、CT撮影を行います。

3.治療計画:検査の1週間後

検査結果が出たら、その内容をもとに詳細な治療計画を立て、患者様にご説明します。
治療計画にご納得いただければ、手術となります。

4.インプラント手術:治療計画の翌日

治療計画にしたがって、手術を行います。麻酔を使用して痛みが出ないようにしていますので、
ご安心ください。

5.被せ物をセット:手術から2~4ヶ月後

手術から2~4ヶ月間は治癒期間をもうけて、インプラントと骨が結合するのを待ちます。
結合が確認できたら被せ物をセットし、ケア方法の指導などを行います。

6.治療完了

これでインプラント治療は完了です。完了後は、自宅でのケアを継続して健康を維持してください。

7.定期検診

自宅でのケアだけでは汚れを十分に除去できません。定期的に医院で検診を受けてクリーニングやインプラントの調整を続けることで、長年にわたって使い続けることができます。

※カルナデンタルクリニックでは機能的にも審美的にも大変優れたアストラテックインプラントを使用しております。

医療費控除について

「医療費控除」とは、一年間(1月1日から12月31日までの間)に本人もしくは家計をともにする家族が支払
った医療費が10万円を超えた場合、税金の還付が受けられる制度です。歯科ローンを使用した場合も、
控除の対象になります。

控除額の計算方法

その年に支払った医療費-保険金等で補填される金額=A
A-10万円(もしくは所得金額の5%)=医療費控除額

※所得金額が200万円未満の場合、10万円ではなく所得金額の5%を引きます

歯科に関連した医療費控除の対象

  • インプラント治療
  • 自費のクラウン(被せ物)
  • 入れ歯治療
  • 噛み合わせの改善を目的とした矯正治療
  • 歯周病で失った骨を再生させる治療
  • 公共交通機関による交通費 など

※予防を目的とした処置や審美を目的とした矯正などは対象外となります

手続きに必要なもの

医療費控除の申請には、確定申告時に下記のものを所轄の税務署へ持っていきます。

  • 医療費の領収書
  • 印鑑
  • 源泉徴収票
  • 治療にかかった交通費のメモ(氏名・理由・日付・交通機関を明記したもの)