TOPページ >> マイクロスコープ

精密治療の安全性を高める「マイクロスコープ」

歯は人体でも非常に小さな器官ですが、歯科治療ではその歯の中のさらに小さな神経や血管を処置します。当然ながら肉眼でしっかり確認できる部分ではないため、従来の根管治療をはじめとした精密治療は、医師の経験と勘が重要でした。ただし、どんなに経験豊富な医師でもミクロレベルの患部を正確に処置できるわけではないため、治療がうまくいかないことも少なくありませんでした。

「マイクロスコープ」は、患部を何倍にも拡大して確認できる医療用の電子顕微鏡です。ライトで照らしながら見ることができるため、根管のような暗い部分でもしっかり確認でき、安全性の高い治療が行えます。

マイクロスコープを使用するメリット

初期の虫歯や歯周病には痛みがほとんどなく、気づいたときには大幅に進行していることが多々あります。また、初期段階の症状は医師が肉眼で見てもわからないこともあるのです。
マイクロスコープを使用すると、肉眼で見える部分はもちろん、肉眼では見えない部分まで拡大して確認でき、症状の早期発見・早期治療に役立ちます。さらに、以下のようなさまざまなメリットが得られます。

ダメージを

当院ではマイクロスコープを導入しています

マイクロスコープは歯科治療の安全性を高め、症状が再発するリスクを抑えることのできる最新機器です。ただし、日本全国の歯科医院でマイクロスコープを導入している医院は、わずか3%しかありません。

大垣市の歯科医院「カルナデンタルクリニック」ではマイクロスコープを導入し、歯科治療や歯周病治療はもちろん、審美歯科などさまざまな診療メニューで活用しています。より安全で確実な治療をご希望なら、当院にご相談ください。