TOPページ >> 歯ぐきから血が出る

歯周病から歯を守るには

  • 歯磨き中に歯ぐきから血が出る
  • 歯ぐきが赤く腫れている
  • 口臭が強くなったように感じる

これらは歯周病の症状です。年を取ると自然に歯が抜けていくものだと考えている方もいるかと思いますが、実は年をとってから歯が抜ける原因は歯周病であることがほとんど。歯周病は歯ぐきやアゴの骨などの歯を支える組織を破壊する病気であり、進行すると支えきれなくなって歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病は痛みを伴う病気ではなく、初期のうちは自覚症状がほとんどないため気づかないうちに進行しがちです。場合によっては、気づかないまま末期まで進行してしまうことも……。そうなる前に歯科医院で治療を受ける必要があります。

近年では、歯周病の原因菌が糖尿病や心臓病、肺炎などの疾患とも関連することが明らかになってきました。歯周病を放置すると、細菌が血液を介して全身を巡り、深刻な病気に発展することがあるのです。歯周病の早期発見・早期治療は、お口だけでなく全身の健康を守るためにも大切なのです。

こんな症状に要注意!

下記のような症状が1つでもある場合は歯周病に感染している可能性が高いため、早めの治療をおすすめします。

  • 歯磨きで歯ぐきから血が出る
  • 歯ぐきが腫れて変色している
  • 歯が長くなったように見える
  • 口臭がきつくなったように感じる
  • 朝、口の中がネバネバする
  • 歯がグラグラする

歯周病の進行段階 

初期の歯周病

歯周病菌によって歯ぐきが赤く腫れ、歯磨きをすると歯ぐきから出血します。アゴの骨には影響がありません。

中期の歯周病

歯周病菌がアゴの骨に感染して骨を溶かし始めます。歯ぐきの炎症が悪化し、口臭がするようになります。

末期の歯周病

アゴの骨が溶けて歯がグラグラしてきます。出血だけでなく膿も出るようになり、口臭が強くなります。最悪の場合には歯が抜けてしまいます。

メインテナンス次第で防げます

歯周病は歯を失う危険もある病気ですが、原因がわかっているためきちんとメインテナンスをすることで防ぐことができます。普段の歯磨きだけでは完全な予防は困難ですので、歯科医院でのケアを活用しましょう。大垣市の歯科医院「カルナデンタルクリニック」では、歯のメインテナンスのサポートも行っています。歯に違和感を覚える前に、当クリニックにお越しください。

歯周病から大切な歯を守るためのメインテナンス