TOPページ >> 歯が痛い、しみる

歯が痛い・しみる――その症状の原因と対処法

  • 歯がしみる
  • 甘い物を食べると歯が痛む
  • 食べ物を噛むと痛い

これらは、むし歯の代表的な症状です。むし歯は細菌による感染が原因で起こる「感染症」であり、軽いケガなどと違って放っておいても治りません。また、初期段階では痛みなどの自覚症状があまり出ないため、発見しにくいこともむし歯の特徴です。

歯が痛むようなら、むし歯は初期段階よりも進行している可能性が高いため、早めの治療が必要です。ちょっとした痛みでも放置せず、気になった段階でお早めにご来院ください。

むし歯の進行段階

ごく初期のむし歯:C0

痛みはまったくありませんが、歯の表面のエナメル質が少しだけ溶けている状態です。歯磨きやフッ素塗布によって治ることもあります。

エナメル質のむし歯:C1

歯の表面の層が溶けて黒ずんできます。特に痛みや目立つ症状はありませんが、歯の表面を削る治療が必要になります。

象牙質のむし歯:C2

むし歯がエナメル質の奥にある象牙質まで進んだ状態です。冷たいものがしみるなど、わかりやすい症状が出ます。虫歯の部分を削って、詰め物や被せ物で治療します。

神経のむし歯:C3

歯の神経までむし歯が進行し、何もしなくても痛む状態です。神経を除去して進行を食い止めてから、被せ物で治療します。

歯根に達したむし歯:C4

歯冠部分(表面に見える歯)がなくなった状態で、神経は死んでいるため痛みはありません。ただし、細菌が顎の骨まで感染すると膿んで痛みます。抜歯などで治療します。

重要なのはメインテナンスです

むし歯は、進行してしまうと削らなければ治せなくなってしまいますが、初期であれば歯を削ることなく治療できます。大切なのは、痛んでから治療することではなく、普段から予防を怠らず「早期発見・早期治療」に努めることです。大垣市の歯科医院「カルナデンタルクリニック」では、歯のメインテナンスのサポートも行っています。歯にダメージを与えてしまう前に、メインテナンスで予防しましょう。

お子様のお口の健康を守るためのメインテナンス